2009年12月27日

イタリアの祝祭日

  今年もあと少しで終わりですね。皆さんにとって2009年はどんな年でしたか。
  日本では、早い人は既に年末年始休暇に入り、帰省や海外に出掛ける人も出始めているようです。

  そこで、今回はイタリアにはどんな祝祭日があるのか調べてみました。結果は以下の通りです。  


【イタリアの祝祭日】
・1月1日 元旦
・1月6日 エピファニア
 キリストが神性である事を人々の前で表したことを記念するキリスト教の祝日
・復活祭(年により変動 2010年は4月4日・2011年は4月24日)
  キリストが十字架にかけられ亡くなってから3日目に甦った事を祝う日で年により日が異なります。英語でイースターとも言い、イタリアに限らずヨーロッパ各国で祝日となります。 
・4月25日 解放記念日
 ムッソリーニによるファシズムから解放された事を祝う日
・5月1日 メーデー
・6月2日 共和国記念日
  1946年、国民投票によりそれまでの王制から共和制に変わった事を祝う日
・8月15日 聖母被昇天祭
  キリストの母である聖母マリアがその臨終の際、魂と肉体と伴って天国へ迎え入れられたとされる日
・11月1日 諸聖人の日
  全ての聖人と殉教者を祝福する日
・12月8日 聖母受胎の日
  聖母マリアの母であるアンナの胎内に宿った瞬間、神の恩寵により原罪を免れたとされる日
・12月25日 クリスマス
・12月26日 サント・ステファノの日
  カトリック最初の殉教者である聖ステファノを祝う日

※参考資料:イタリア観光局のホームページ、ウィキペディアなど

  およそ1ヶ月に1度祝日がある日本と違って意外と少ない事に少々驚きました。また宗教色が色濃く出ており、最近特に何でもかんでもこじつけて休みにしようとする日本とは違うようです。この他、各都市毎に祝日を設けているようですが、これも宗教色の強い物となっているようです。
  また、クリスマス近辺で休みを取り、新年早々市場が動き始めるのも海外の各国と同じで、正月休みのある日本とは本と違う所です。

  下はクリスマス商戦やクリスマスの様子を伝えるニュースです。冠水に悩まされているベネチアですが、水に浸るクリスマスだったようです。












posted by さすらいのDavid氏 at 11:32| ローマ ☔| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。