2016年02月22日

【第9話】2018年ラストマッチ サッカーの神様が用意した最高の舞台?

【前回までのあらすじ】
  オランダカップ準々決勝でリザーブチームと対戦する可能性が出て来たDavid率いるPSVアイントホーフェン。しかしその前に立ちはだかるのは永遠のライバルであるあのクラブ。2018年ラストマッチとなるこのクラブとの試合の結果は・・・。

◎第8話の内容はこちら
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/433901040.html

2018年12月某日 

 オランダのスポーツ界にとっても、David自身にとっても激動の2018年がもうすぐ終わろうとしている。
今年は韓国の平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピック、ロシアでサッカーW杯とビックイベントが目白押しだったが、サッカーと並びオランダのスポーツを代表するスピードスケートの大不振、そしてサッカーナショナルチームのW杯グループリーグ敗退と、ビックイベントでオランダが輝く場面を見る事は出来なかった。過激な事で有名なオランダサポーターも怒りを通り越して呆れ果てている雰囲気が街のあちこちに漂っていた。逆にこの静けさが逆に不気味でもあった。溜まった鬱憤がいつ爆発するのかと。
一方、前年ブラジル代表監督を解任され4大リーグに所属するクラブから声か掛かるまで主戦場をピッチではなくスタンドの解説席と決め込んでいたDavidにとっても、まさかオランダに移り住むような事になるとは予想もしていなかった。

 そんな失意のオランダスポーツ界とは裏腹に街がクリスマスで浮かれている2018年も暮れようとしている。
 このまま穏便に2019年を迎えたい所だがサッカーの神様はそうはさせてくれなかった。PSVの2018年ラストマッチがよりによって永遠のライバル、アヤックスとは。

 オランダカップ4回戦(ベスト16)。リーグ戦と違い決着がつくまで行われる(最大120分プラスPK戦)ノックアウト方式である。しかもこのライバルとは11月末にエールディビジで戦ったばかり。その時はアウエーで2−2のドローだった事もあり、ホームであるフィリップススタジアムで行われる今回の試合は白黒ハッキリつく事もあってか、始まる前から殺気立っているとも言えるサポーターの盛り上がりは相当なものだった。彼らが満足する結果が得られなければここで溜まったマグマが一気に爆発するであろう、そんな雰囲気だった。更に試合前の記者会見でのアヤックスの指揮官フランク・デ・ブールとDavidの舌戦がそれに輪をかけた。互いに、勝つのは我が軍だと。

 そんな中で始まったオランダ屈指の伝統の一戦は、大方の予想通り序盤から激しく削り合うまさに死闘となった。退場者こそ出さなかったもののイエローカードが両チーム合わせて10枚。小競り合いも起き、また観客席から発煙筒が投げ込まれ試合が中断するなど荒れた試合となった。
 前半0−0で折り返した後半7分、PSVがチームのスコアラーであるCevasco(ペルー代表)と2トップを組むエクアドル代表のRojasが先制点を決めスタジアムの盛り上がりは最高潮に達した。しかし試合終了間際に追いつかれ延長戦へ。そして互いの指揮官の頭にP.K戦が過った延長後半13分、カウンターからCevascoのパスを受けたRojasがこの試合2点目となるゴールを決め、宿敵アヤックスを下した。
 試合後の記者会見でDavidが「勝ちたいと思う気持ちがアヤックスよりも我々の方が上だった。」と語った一言がこの試合の全てを物語っていた。スマートとはとても言えないがプライドがぶつかり合う魂がこもっていた試合だった。

 その日の夜アイントホーフェンの街は、クリスマスに加えてこの勝利の祝杯を挙げようと酒場は大いに盛り上がった。そして年が明けてから行われるオランダカップ準々決勝でリザーブチームとの対戦が実現し、宿敵を下したこの試合を境にPSVはエールディビジでも息を吹き返すのである。

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現実とは異なる場合があります。

2015/2016 新モデル オランダ代表 アウェイ 半袖 ノーブランドレプリカ サッカーユニフォーム 【マーキング無し】 激安 サッカーウェア -
2015/2016 新モデル オランダ代表 アウェイ 半袖 ノーブランドレプリカ サッカーユニフォーム 【マーキング無し】 激安 サッカーウェア -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:19| 東京 ☁ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。