2016年02月25日

洋の東西で行われたチャンピオンズリーグ 昨年に続き「Road To JAPAN」!! 

  2015−16シーズンのヨーロッパクラブNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1stレグ残り4試合が行われ、バルセロナやマンチェスターCが先勝しました。一方、国内リーグで連覇を続けているバイエルンとユヴェントスの試合と、PSV×A・マドリードは引き分けと言う結果でした。
  決勝トーナメント1回戦2ndレグは3月8日〜9日、15日〜16日(何れも現地)に行われます。

  また、アジアクラブNo.1を決めるAFCチャンピオンズリーグが開幕しJリーグ勢では、浦和レッズが初戦をモノにしたものの、 G大阪は引き分け、FC東京とサンフレッチェ広島は黒星スタートとなりました。

 
【UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1stレグ結果(23、24日分)】
アーセナル(イングランド) 0−2  バルセロナ(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)  2−2  バイエルン(ドイツ)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) 1−3 マンチェスターC(イングランド)
PSV(オランダ) 0−0 A・マドリード(スペイン) 

【AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ結果(Jリーグ関係)】
全北現代 2−1 FC東京
サンフレッチェ広島 1−2 山東魯能
水原三星 0−0 G大阪
浦和レッズ 2−0 シドニーFC

左側がホーム

  UEFAチャンピオンズリーグもAFCチャンピオンズリーグも、優勝したクラブには今年の暮れに日本で行われるクラブW杯の出場権が与えられます。
  まだ2016年が始まったばかりでJリーグは開幕前だし、シーズンがアジアとは逆のヨーロッパはシーズンオフ→夏の移籍マーケット→2016−17シーズンインとなってからのイベント、つまり夏の移籍マーケットの動向次第で日本にやって来る時は今のメンバーと顔触れが変わっている可能性もあると言う事で、今から年末の話をするのも何なんですけれどそういう決まりになっています。

  さて、UEFAチャンピオンズリーグの方は決勝トーナメント1回戦(ベスト16)の1stレグが終了しました。残った4試合も概ね順当な結果だと思いますが、 国内リーグで王者の座に君臨し続けているユヴェントスとバイエルンは点の取り合いの末に引き分けと言う結果でした。追う展開となったホームのユヴェントスが後半追いついて何とかドローに持ち込みましたが、アウエーでゴールを奪った(しかも2点)バイエルンとしては引き分けでも良し、と言った所でしょうか。
  そしてバルセロナとアーセナルの試合はアーセナルがリズムよく攻めていた時間帯もありましたが、結局バルセロナのディフェンスを崩し切る事は出来ずに、逆にバルセロナの3つの大砲「MSN」にやられてしまいました。MSNの内、スアレス選手はパスポートを忘れて来英出来ないのではと言われていたようですが、そのまま来なきゃ良かったのにと思ったアーセナルサポーターの嘆きが聞こえそうです。やはり今回もベスト8の壁の前にひれ伏す事になってしまうのでしょうか。
  最後にもうひとつ。ディナモ・キエフを下したマンチェスターCはチャンピオンズリーグでベスト8以上に進出した事がないんですね。古豪ではありますが、思えば巨額を投じて補強に乗り出したのがここ数年と言う事を考えるとそれも頷けるのですが・・・。果たして2ndレグも勝利を収めて初のベスト8進出なるでしょうか。

  一方、「洋の東」で開幕したAFCチャンピオンズリーグ。2000年代半ばには浦和レッズやガンバ大阪がアジアを制しJリーグがアジアのサッカーをリードするのかと思われましたが、その後は思うような成績を残す事が出来ず苦戦を強いられる年が続いています。更に有力選手を「爆買い」して話題となっている中国のクラブが東アジアのみならずアジア全体を席巻する勢いです。今大会の結果次第でJクラブの出場枠が減らされる可能性もあります。上に書いたクラブW杯は開催国枠で出場できるクラブはありますが、アジア代表として出場できるよう、今回参加している4クラブ(サンフレッチェ広島、G大阪、浦和レッズ、FC東京)の奮起を期待したいものであります。







月刊フットボリスタ 2016年3月号 -
月刊フットボリスタ 2016年3月号 -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ2015-2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ヨーロッパNo1の座をめぐる争い ビックイヤーは何処へ?  【欧州CL 決勝トーナメント】

  2015−2016シーズンのヨーロッパクラブNo.1を決めるチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが16日(現地)から始まります。今回は決勝トーナメント1回戦8試合の中から注目の何試合かをピックアップして紹介したいと思います。

 まずグループリーグを突破した16クラブの国内リーグ別の内訳は以下の通りです。
【国内リーグ別内訳】
◎ブンデスリーガ(ドイツ)・・・バイエルン・ミュンヘン、VfLヴォルフスブルク
◎プレミア(イングランド)・・・チェルシー、アーセナル、マンチェスターC
◎リーガエスパニョーラ(スペイン)・・・FCバルセロナ、R・マドリード、A・マドリード
◎セリエA(イタリア)・・・ユヴェントス、ASローマ
◎リーグ・アン(フランス)・・・パリ・サンジェルマン
◎スーペルリーガ(ポルトガル)・・・ベンフィカ
◎エールディビジ(オランダ)・・・PSV
◎ロシア・プレミア(ロシア)・・・ゼニト・サンクトペテルブルク
◎ジュピラー・プロ(ベルギー)・・・AAゲント
◎ウクライナ・プレミア(ウクライナ)・・ディナモ・キエフ

1.国内リーグで対照的な状況のクラブ同士の対戦 パリSG×チェルシー
  現在リーグ・アンで勝ち点69。2位のASモナコとの勝ち点差が20以上と独走状態が続いているパリSG。25試合無敗と驚異的な数字を残して国内リーグを戦っています。昨シーズンまで3連覇中ですが4連覇を達成するのは時間の問題でしょう。国内リーグ得点ランキングトップのイブラヒモヴィッチ選手(スウェーデン)、カバーニ選手(ウルグアイ)の強力アタッカー陣が相手ディフェンス陣をどう粉砕するでしょうか。グループリーグ2得点とゴールゲッターとしてはやや物足りない感があったイブラヒモヴィッチ選手がどのくらい絡む事が出来るかもポイントとなりそうです。
  一方、これとは対照的にプレミアリーグで不振にあえぐ昨シーズンチャンピオンのチェルシー。シーズン途中でモウリーニョ監督が退き、ヒディンク氏が就任した後も上位に顔を出す気配は感じられません。グループリーグを突破したチャンピオンズリーグで存在感を示したい所です。来季この場に立つ可能性が少ないだけに・・・。
  ちなみに両クラブは昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント初戦でも対戦しており、その時はアウエーゴールの差でパリSGがベスト8にコマを進めました。因縁ともいえる今回の対戦。果たして結果やいかに・・・。
  
パリ・サンジェルマンFC (PSG) iPhone6Plus / 6SPlus / 6 / 6S 対応 ケース カバー 高品質 薄型 耐衝撃・滑り止め サイドTPU仕様版 【液晶保護フィルム付】 (AiPhone6Plus / 6SPlus 対応サイズ) -
パリ・サンジェルマンFC (PSG) iPhone6Plus / 6SPlus / 6 / 6S 対応 ケース カバー 高品質 薄型 耐衝撃・滑り止め サイドTPU仕様版 【液晶保護フィルム付】 (AiPhone6Plus / 6SPlus 対応サイズ) -

2.ベスト8の壁X連覇の壁  アーセナル×バルセロナ
  今シーズンプレミアリーグで3位と現時点で優勝を狙える位置にいるアーセナル。毎年のルーティンであるかのようにチャンピオンズリーグでも決勝トーナメント進出を果たしました。しかしここ数年は何故かベスト8の壁に阻まれています。ベスト16敗退と言うルーティンに終止符を打つ事が出来るでしょうか。最もそう望んでいるのは長期政権となった指揮官かも知れません。今回はベスト8の壁プラス巨大勢力の壁が前にそびえ立ちます。
  対するバルセロナもこれまで幾度となくチャンピオンズリーグを制しているものの連覇した事はありません。プレミア上位クラブとの対戦となりますが、まずここは難なく突破したい所です。
  世界トップクラスの選手を揃える、チャンピオンズリーグではパリSG×チェルシー同様お馴染みとなった両クラブの対戦ですがどんな結果になるでしょうか。

ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方 -
ヴェンゲル・コード アーセナル、その理想の行方 -

3.国内リーグ連覇中のクラブ同士の対戦  ユヴェントス×バイエルン・ミュンヘン
  ユヴェントスはセリエA4連覇中。一方、ブンデスリーガ3連覇中のバイエルン・ミュンヘン。共に国内リーグではここ数年、無類の強さを誇っているクラブ同士の対戦です。
  今シーズンもブンデスリーガで首位を走るバイエルンは、そこで負けたのが1回と他クラブの追随を許さない戦いを続けています。国内外の代表クラスの選手を多数抱えており今回のチャンピオンズリーグでもビックイヤーに近い存在と言えるでしょう。そしてグアルディオラ監督は今シーズンを最後にクラブを去る事が決まっています。果たして有終の美を飾る事が出来るでしょうか。
  相対するユヴェントスはシーズンスタートで後手を踏み出遅れましたが、ここに来て本来の調子を取り戻し怒涛の連勝で首位ナポリを射程内におさめています。世界最高峰と称されたセリエAもすっかり色褪せた差昨今ですが威厳を取り戻す旗頭として存在感を示す事が出来るでしょうか。決勝トーナメントで最も面白い試合になりそうです。

グアルディオラ主義: 名将の戦術眼は何を見ているのか -
グアルディオラ主義: 名将の戦術眼は何を見ているのか -



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ2015-2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

いつか見た組合せがちらほら 【UEFAチャンピオンズリーグ】

 先日終了したUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ。勝ち上がった16クラブにより来年の2月からいよいよ決勝トーナメントが行われますが、その組合せ抽選が14日行われ下記の通りとなりました。
 決勝トーナメント初戦1stレグは2月16日、17日、23日、24日、2ndレグは3月8日、9日、15日、16日に行われます。

【チャンピオンズリーグ1回戦組合せ(左が1stレグホーム)】
ヘント(ベルギー)vs ヴォルフスブルク(ドイツ)
ローマ(イタリア) vs R・マドリード(スペイン)
パリSG(フランス) vs チェルシー(イングランド)
アーセナル(イングランド) vs バルセロナ(スペイン)
ユヴェントス(イタリア) vs バイエルン(ドイツ)
PSV(オランダ) vs A・マドリード(スペイン)
ベンフィカ(ポルトガル) vs ゼニト(ロシア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs マンチェスター・C(イングランド)

 昨シーズンの各国リーグで上位に入ったクラブから更に選び抜かれたクラブが決勝トーナメントに進む訳ですから、顔触れを見て新鮮味に欠けるのは仕方のない事なのですが、「あれこの対戦、前にも見たような気が・・・」と言う組合わせが今回もちらほら見られます。

 バイエルンとユベントスは2012−13シーズンの準々決勝で顔を合わせていますし、バルセロナとアーセナルも何度か対戦した事があったと思います。ことごとくバルセロナの壁に跳ね返されてきたアーセナルですが今回はどうなるでしょうか。そして共に大富豪がオーナーと言うチェルシーとパリSGに至っては3シーズン連続の顔合わせ。知り尽くしているでしょうからお互い難しい試合になるかも知れませんね。今シーズンのプレミアリーグでは不甲斐ない戦いが続いているモウリーニョ率いるチェルシーですが、この大会で威厳を取り戻せるでしょうか。
 
 1回戦の注目はやはりブンデスリーガ3連覇中のバイエルン(ドイツ)と、セリエA4連覇中で前回のチャンピオンズリーグは決勝まで勝ち残ったのユベントス(イタリア)でしょうか。

  強豪クラブが潰し合う組合わせがあるのは少し勿体ない気もしますが果たしてベスト8に進むのはどのクラブになるでしょうか。

 

【スポーツ】サン・シーロ サッカー・スタジアム ミラノ イタリア アートプリントポスター  SPORT FOOTBALL SAN SIRO STADIUM MILAN ITALY LV11190 -
【スポーツ】サン・シーロ サッカー・スタジアム ミラノ イタリア アートプリントポスター  SPORT FOOTBALL SAN SIRO STADIUM MILAN ITALY LV11190 -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by さすらいのDavid氏 at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ2015-2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

奇跡を呼んだハットトリック!! そして運命の組合わせは?  【チャンピオンズリーグ 】 

  8日に行われたグループA〜Dに続き、グループE〜Hの最終節が現地9日に各地で行われ決勝トーナメントに進出する16クラブが出揃いました。駒を進めたのは以下の通りです。

【チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出クラブ】
◎グループA・・・R・マドリード(スペイン)、パリSG(フランス)
◎グループB・・・ヴォルフスブルク(ドイツ)、PSV(オランダ)
◎グループC・・・A・マドリード(スペイン)、ベンフィカ(ポルトガル)
◎グループD・・・マンチェスターC(イングランド)、ユヴェントス(イタリア)  
◎グループE・・・バルセロナ(スペイン)、ローマ(イタリア)
◎グループF・・・バイエルン(ドイツ)、アーセナル(イングランド)
◎グループG・・・チェルシー(イングランド)、ディナモ・キエフ(ウクライナ)
◎グループH・・・ゼニト(ロシア)、AAゲント(ベルギー)

  前回の記事で、アーセナルは決勝トーナメント進出が危うい状況だと書きました。2位を争っていたオリンピアコスとの直接対決で点差によっては勝ってもグループリーグ敗退の可能性がありましたが、敵地に乗り込んでの大事な一戦を制し土壇場で16季連続の決勝トーナメント進出を決めました。その立役者となったのがフランス代表のジルー選手。負ければ、先日舞台を後にしたマンチェスターUに続きバッシングを浴びる可能性もあった中でハットトリックの活躍を見せチームの窮地を救いました。ベンゲル監督もほっと胸をなでおろしているのではないでしょうか。それにしても16季連続で決勝トーナメント進出って言うのも凄い記録です。
 
  この他、プレミアリーグでの不振から去就が注目されているモウリーニョ監督率いるチェルシーがFCポルトを下し連覇の可能性を残す結果となり、結局プレミア勢はマンチェスターUの除いてグループリーグを突破しました。このグループのもう1チームは最終節で勝利を収めたディナモ・キエフが勝ち残り、チェルシーに敗れたFCポルトがヨーロッパリーグに回る事になりました。
 
  これでグループリーグが終わり舞台は決勝トーナメントへと移る訳ですが、順位表を見るとグループEは勝ち点で並び(勝ち点6)得失点差でレバークーゼンを下回ったローマが残りました。直接対決の結果でこのようになったようですが、得失点差−5でグループリーグ突破と言うのも珍しいですね。首脳陣は嬉しいような、失点が得点を上回り嬉しくないようなと言う感じでしょうか。

  決勝トーナメントの組み合わせ抽選は14日。果たしてどんな組合わせになるでしょうか。そしてヨーロッパリーグの組合わせも14日に行われます。日本代表香川選手擁するドルトムントと、マンチェスターUが対戦するような事がもしあったら、きっと話題になるでしょう。

  余談ですが、先日投稿した架空人物の監督奮闘記の第2話をそろそろアップしようかと思います。実は次に指揮するクラブが決勝トーナメントに進出する16クラブの中にあります。さてどこでしょう? 

【第1話 届かなかった世界最高峰の舞台】
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/430734025.html






香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2 -
香川真司 2016カレンダー 壁掛け A2 -

月刊WORLD SOCCER KING(ワールドサッカーキング) 2015年 12 月号 [雑誌] -
月刊WORLD SOCCER KING(ワールドサッカーキング) 2015年 12 月号 [雑誌] -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by さすらいのDavid氏 at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ2015-2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

センターに立てず袖からそっと見ていた2シーズン振りの舞台!! 【UEFAチャンピオンズリーグ】

 2015-2016シーズンのヨーロッパクラブNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグはグループリーグ最終節を迎え、決勝トーナメントに進む16クラブの内、まずはグループA〜Dの各グループ上位2クラブが決定しました。
 
 グループA〜Dを突破したクラブの顔触れを見ると、まあ順当な結果だと思います。グループBを除いては・・・。
 そのグループBを突破したのは、最終節でマンチェスターUを下しクラブ史上初めて16強に進出する事となったドイツのヴォルフスブルクとオランダの強豪PSVアイントホーフェン。一方、このグループ本命を見られていたマンチェスターUは最終節でそのヴォルフスブルクに敗れ2位から3位に転落し決勝トーナメントへ進むことが出来ず、ヨーロッパリーグへ回る結果となりました。
 各国の強豪クラブが集う大会ですから何が起きてもおかしくない上に、ルーニー選手を始め主力に怪我人が続出し万全の体制ではないと言う事も重なったようですが、それでもグループリーグは難なく突破するだろうと思っていただけに意外でした。ただ本命と言っても結果的には接戦が多かった事からコンディションとか実力以外の要素が影響したのかも知れません。影響と言えば昨シーズンこの舞台に立てなかったと言う事もでしょうか。
 オランダ出身のファンハール監督はかつてアヤックスを指揮していた事がありますが、それにしてもアヤックスのライバルにグループリーグ初戦(アウエー戦)で敗れて躓き、2位をキープしていた最終節で抜かれて奈落の底に突き落とされるとは・・・。
 
 この結果にOB始め各方面から批判の声が上がっているようで、それだけ落胆の度合いが大きいと言う事なんでしょうね。2シーズン振りに戻ってきたヨーロッパ最高峰の舞台でしたが、輝く事無く舞台から去る事となりました。
 
 今回プレミアリーグ勢は他にマンチェスターC、アーセナルとチェルシーが参戦していますが、今の所グループリーグを突破したのはマンチェスターCのみ。アーセナルは状況的に厳しく、チェルシーも最終節で対戦するFCポルト戦の結果次第ではマンチェスターUと同じ道を辿る可能性があり予断を許しません。

 10年ぐらい前のチャンピオンズリーグでベスト4の内、3つのイスを占めたプレミア勢も2011−2012シーズンのチェルシーを最後にヨーロッパチャンピオンを輩出しておらず、ここ数年は派手に目立つ事もなくなりました。「世界最高峰」と言うフレーズはかつて「リーグ」にその冠が付けられていましたが、最近は資金力のあるクラブにその冠が付けられるようになりました。そう考えると「プレミア勢」がどうだの「セリエA」がどうだの言っても仕方ないのかも知れませんが・・・。
  
  話が逸れましたが、9日(現地)に残り8つのイスが決まり年が明けると決勝トーナメントが始まります。果たして今シーズンのヨーロッパクラブチャンピオンはどこになるのでしょうか。(ブンデスのあのクラブ或いはリーガのあのクラブですかね〜。)

【UEFAチャンピオンズリーググループリーグ通過クラブ】 
◎グループA・・・R・マドリード(スペイン)、パリSG(フランス)
◎グループB・・・ヴォルフスブルク(ドイツ)、PSV(オランダ)
◎グループC・・・A・マドリード(スペイン)、ベンフィカ(ポルトガル)
◎グループD・・・マンチェスターC(イングランド)、ユヴェントス(イタリア)  



2015-2016 EUROPE SOCCER TODAY (NSK MOOK) -
2015-2016 EUROPE SOCCER TODAY (NSK MOOK) -

死ぬまでに行きたい 欧州サッカースタジアム巡礼 -
死ぬまでに行きたい 欧州サッカースタジアム巡礼 -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by さすらいのDavid氏 at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ2015-2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。