2016年03月14日

【第10話】沈滞ムードを一変させるか? 2018−19シーズン後半の命運を握る「ある若者」の加入 

【前回までのあらすじ】
  オランダカップで宿敵アヤックスを延長戦で下し準々決勝進出を決めたDavid率いるPSVアイントホーフェン。明けて2019年。冬の移籍マーケットが開けて・・・。

◎第9話の内容はこちら
 http://soccer-game2009.seesaa.net/article/434147808.html

 激動の2018年が幕を閉じ、明けて2019年。暮れに行われたアヤックスとの激闘の余韻に浸りたい所だがそんな余裕もなかったDavid。シーズン後半をどう戦うか、すっかりお気に入りとなった日本のKatsunumaから取り寄せたワインを飲みながら思いを巡らせていた。

  2019年が明け、毎年恒例の「冬の移籍マーケット」もオープンとなった。夏のそれに比べて期間は短いが、前半戦で浮き彫りになった課題や弱点を各クラブ補強でどう穴埋めするのか。後半戦に向けてスカウト、代理人、クラブスタッフの腕の見せどころである。W杯ロシア大会で活躍しながら夏のマーケットに間に合わなかった選手は動くのか。そしてヨーロッパのビッククラブに移籍すると話題になって久しいブラジルの至宝ネイマール(ブラジル・サントス)は今度こそ大西洋を渡るのか。今回も話題には事欠かなかった。

  David率いるPSVも、スタッフから上がって来たリストと現場の声を擦り合わせる会議が夏の移籍マーケット終了後から時折行われ、昨年暮れからは具体的にどのクラブから誰を引っ張って来るのか結論を出すべく連日行われるようになった。マスコミからインタビューなどの対応が良いと評判のDavidだが、連日行われる会議に少々うんざりし疲れた表情を見せ、馴染みの記者にさえ何を聞かれても閉口する日が続いた。補強に関する打ち合わせにも関わらず、事ある度に現在のクラブの成績の事をまるで針で刺すかのようにチクチク言われる事もあり精神的に参っていた。

 既にターゲットとなる選手の代理人と接触を図り好感触も得ている。「若くて将来性のある中盤の選手」と言う補強ポイントにもピッタリ合致する。代表歴はないがいずれ国を代表する選手になるとスカウトからの太鼓判もある。会議に参加した者の満場一致で結論は出た。

  国際Aマッチデーとウィンターブレイクでリーグ戦が休みとなる2019年1月某日、将来有望なその若者をスペインのレバンテから獲得する事を正式に発表した。後にペルー代表に招集される事となるLuciano Reyes。Davidがアイントホーフェンで名を残せるか否か。その命運を握る選手である。
  更にイタリアのサンプドリアを退団し自由契約となっていたアルゼンチン代表ゴールキーパー、Sergio Romeroとも契約にこぎつける事が出来た。

  この2人の加入はテストマッチで早速その効果が表れた。ロシアの名門ゼニトを迎えて行われたテストマッチ。スペインから連れて来た弱冠20歳の若者が2ゴール1アシストと早速結果を残し、4−0と相手を寄せ付けなかった。後半戦に向けて幸先良いスタートを切ったPSV。2018‐19年シーズン後半の反転攻勢が始まろうとしていた。

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現実とは異なる場合があります。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:44| 東京 ☔ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

【第9話】2018年ラストマッチ サッカーの神様が用意した最高の舞台?

【前回までのあらすじ】
  オランダカップ準々決勝でリザーブチームと対戦する可能性が出て来たDavid率いるPSVアイントホーフェン。しかしその前に立ちはだかるのは永遠のライバルであるあのクラブ。2018年ラストマッチとなるこのクラブとの試合の結果は・・・。

◎第8話の内容はこちら
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/433901040.html

2018年12月某日 

 オランダのスポーツ界にとっても、David自身にとっても激動の2018年がもうすぐ終わろうとしている。
今年は韓国の平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピック、ロシアでサッカーW杯とビックイベントが目白押しだったが、サッカーと並びオランダのスポーツを代表するスピードスケートの大不振、そしてサッカーナショナルチームのW杯グループリーグ敗退と、ビックイベントでオランダが輝く場面を見る事は出来なかった。過激な事で有名なオランダサポーターも怒りを通り越して呆れ果てている雰囲気が街のあちこちに漂っていた。逆にこの静けさが逆に不気味でもあった。溜まった鬱憤がいつ爆発するのかと。
一方、前年ブラジル代表監督を解任され4大リーグに所属するクラブから声か掛かるまで主戦場をピッチではなくスタンドの解説席と決め込んでいたDavidにとっても、まさかオランダに移り住むような事になるとは予想もしていなかった。

 そんな失意のオランダスポーツ界とは裏腹に街がクリスマスで浮かれている2018年も暮れようとしている。
 このまま穏便に2019年を迎えたい所だがサッカーの神様はそうはさせてくれなかった。PSVの2018年ラストマッチがよりによって永遠のライバル、アヤックスとは。

 オランダカップ4回戦(ベスト16)。リーグ戦と違い決着がつくまで行われる(最大120分プラスPK戦)ノックアウト方式である。しかもこのライバルとは11月末にエールディビジで戦ったばかり。その時はアウエーで2−2のドローだった事もあり、ホームであるフィリップススタジアムで行われる今回の試合は白黒ハッキリつく事もあってか、始まる前から殺気立っているとも言えるサポーターの盛り上がりは相当なものだった。彼らが満足する結果が得られなければここで溜まったマグマが一気に爆発するであろう、そんな雰囲気だった。更に試合前の記者会見でのアヤックスの指揮官フランク・デ・ブールとDavidの舌戦がそれに輪をかけた。互いに、勝つのは我が軍だと。

 そんな中で始まったオランダ屈指の伝統の一戦は、大方の予想通り序盤から激しく削り合うまさに死闘となった。退場者こそ出さなかったもののイエローカードが両チーム合わせて10枚。小競り合いも起き、また観客席から発煙筒が投げ込まれ試合が中断するなど荒れた試合となった。
 前半0−0で折り返した後半7分、PSVがチームのスコアラーであるCevasco(ペルー代表)と2トップを組むエクアドル代表のRojasが先制点を決めスタジアムの盛り上がりは最高潮に達した。しかし試合終了間際に追いつかれ延長戦へ。そして互いの指揮官の頭にP.K戦が過った延長後半13分、カウンターからCevascoのパスを受けたRojasがこの試合2点目となるゴールを決め、宿敵アヤックスを下した。
 試合後の記者会見でDavidが「勝ちたいと思う気持ちがアヤックスよりも我々の方が上だった。」と語った一言がこの試合の全てを物語っていた。スマートとはとても言えないがプライドがぶつかり合う魂がこもっていた試合だった。

 その日の夜アイントホーフェンの街は、クリスマスに加えてこの勝利の祝杯を挙げようと酒場は大いに盛り上がった。そして年が明けてから行われるオランダカップ準々決勝でリザーブチームとの対戦が実現し、宿敵を下したこの試合を境にPSVはエールディビジでも息を吹き返すのである。

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現実とは異なる場合があります。

2015/2016 新モデル オランダ代表 アウェイ 半袖 ノーブランドレプリカ サッカーユニフォーム 【マーキング無し】 激安 サッカーウェア -
2015/2016 新モデル オランダ代表 アウェイ 半袖 ノーブランドレプリカ サッカーユニフォーム 【マーキング無し】 激安 サッカーウェア -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:19| 東京 ☁ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

【第8話】格上を次々撃破!! 波乱の主役に躍り出たもうひとつの「PSVアイントホーフェン」

【前回までのあらすじ】
  ヨーロッパリーグのグループリーグ進出を逃し、エールディビージでも取りこぼしが続いたDavid率いるPSVアイントホーフェン。順位を下げこのまま優勝争いに加わる事無く秋から冬を過ごす事になるのか。W杯ロシア大会に行けなかったブラジル代表監督時の屈辱の日々がDavidの脳裏をかすめる?

◎第7話の内容はこちら
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/433460323.html 

 11月も半ばになると朝晩だけでなく昼間も肌寒い日が続くようになる。更にそぼ降る雨がそれに拍車をかける。ドイツ暮らしで慣れてはいるがやはり寒いのは好きではない。Davidは起きがけに淹れたエスプレッソを眺めながらそう思った。
  ヨーロッパリーグでグループリーグ進出を逃し、優勝争いをして然るべきエールディビジでその仲間に加わる事が出来ていない状況に焦りと苛立ちを覚えた。このままではW杯ロシア大会を目の前にして解任されたブラジル代表監督時の二の舞になりかねない。だが冬の移籍市場が開くまでは選手の奮起を待つしかなかった。

  ヨーロッパリーグのタイトル獲得の可能性が消えた今、残されたタイトルはエールディビジとオランダカップの2つ。オランダ名門クラブたるPSVにとって無冠は許されない。ブラジル代表監督の時と同様、またしても神経をすり減らすのかと思うとため息が漏れる。トップレベルではなく「街のクラブ」の指揮官になった方がどれだけ楽かと・・・。しかし、弱音を吐きたくなる一方で、これまで数多くの修羅場を経験してきたこのオランダ名門クラブの指揮官には、このプレッシャーに打ち勝たねばと決意を新たにする想いも当然あった。
 
  エールディビジと並行して行われているオランダカップ。オランダ国内のプロ・アマのクラブが多数参加するカップ戦である。参加資格が無かったリザーブチームが数年前から参加出来るようになりPSVもリザーブチームが参加している。
  そのリザーブチームがまさかの快進撃で台風の目になっている。初戦(2回戦)をモノにすると、続く3回戦で対戦したフローニンゲンを延長で、4回戦でヘルモント・スポルトを4−1の大差で下すると言うジャイアントキリングを起こし(フローニンゲンもヘルモント・スポルトも2018−2019シーズン、エールディビジに属している)、準々決勝進出を果たした。
 
  一方、トップチームも順調に勝ち進み、あとひとつ勝つとその台風の目となっているリザーブチームと対戦する事になっていた。公式戦でトップとリザーブチームが対戦する可能性が出て来た事でアイントホーフェンの街が盛り上がりを見せつつある中、その「あと一つ」の前に大きく立ちはだかるクラブが・・・。ベスト8決めの対戦相手は長年のライバルであるアヤックスである。4回戦のアヤックス戦、それに勝った後の準々決勝のトップチーム×リザーブチーム共に試合が行われるのはホームであるフィリップス・スタジアム。
 サポーターの盛り上がりとDavidの心の中に湧き起こる高揚感とも緊張感とも取れる心境が交錯する中、まずはアヤックス戦を迎える事になった。暮れも押し迫る2018年がもうすぐ終わる頃の出来事であった。

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現在のクラブと異なる場合があります。


3-4-3 〜究極の攻撃サッカーを目指して〜 -
3-4-3 〜究極の攻撃サッカーを目指して〜 -

オランダ代表 マグカップ -
オランダ代表 マグカップ -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:44| 東京 ☀ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

【第7話】勝ち点伸ばせず燻る不満 一層身に染みる秋の冷風

【前回までのあらすじ】
  エールディビージ2018−2019シーズンが開幕し、序盤を3戦を全勝と好スタートを切ったDavid氏率いるPSVアイントホーフェン。好調を維持して迎えたホームでのヨーロッパリーグ4次予選1レグの対ASモナコ戦だったが、フランスの強豪に0−3と良い所なく敗れた。ホームでの敗戦で一気に風向きが変わり・・・。

◎第6話の内容はこちら
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/432961100.html

オランダに限らずヨーロッパ各地で酷暑となった2018年夏。だが季節は酷暑だった夏から秋へと移り変わりさすがに涼しくなって来た。Davidが居を構えるアイントホーフェンも朝晩を中心にめっきり涼しくなった。
 
 エールディビジで好スタートを切ったものの、ASモナコとのヨーロッパリーグのグループリーグ進出決定戦1レグを大差で落とし、それまで積み上げてきた根拠のない感覚的な自信が 
−と言っても僅か3戦だけなのだが、Davidにはエールディビジでやっていけると手応えと言うか自信になった3戦だったー 
崩れかかっていた。周囲のDavidを見る目も少しだけだが変わってきたと感じていた。と言ってもまだ国内のクラブに負けた訳ではない。過ぎた事は仕方ない。アウエーでの2レグを格好のつく形で終える事(フランスの強豪相手に、しかも敵地で3点差をひっくり返すのはさすがに厳しいので、無様な戦いをしない事)、そして国内で負けない事。Davidの闘志の灯が完全に消えた訳では勿論なかった。
 エールディビジは上位と下位の力に差があるリーグである。なのでアヤックスやフェイエノールトと対戦するまで他のクラブに取りこぼすと命取りとなる。 

 ホームでASモナコに敗れたDavid率いるPSVだが、その3日後に行われたエクセルシオール戦で勝利し、続くアウエーでのASモナコ戦は、FW Cevasco(ペルー代表)や負傷退場となったHurtado(ペルー代表)の代わりに途中出場したDiaz(アルゼンチン出身)の活躍で2−1と勝利を収め、総合計で及ばなかったものの何とか一矢を報いた。

 ヨーロッパリーグ敗退はクラブ幹部にとっては少々受入れ難い結果であったが、David自身は、敵地で勝って舞台から降りる訳だし、これで国内の試合に専念出来るとちょっと安心していた。
 だが、涼しい風が吹くようになった9月に入ってもチームの状態は中々上がって来なかった。負けはしないものの引き分けの試合が多くなり選手もスタッフも、そしてサポータも勝ち点がちょっとずつしか積み上がらない現状にモヤモヤした感じがする日々を過ごしていた。
   
 そして10月に入るとヘーレンフェーンにホームでまさかの敗北。失意のまま迎えたライバルのフェイエノールト戦。だが前の試合で負けた気持ちの整理がつかない状態で入った試合はなす術なく敗れ2連敗。順位も上位から中位に落ちた。不満を漏らすクラブ幹部も出始め、ロッカールームの雰囲気も徐々に悪くなっていった。

 ただでさえ涼しい夜風が一層冷たく感じ、いつもより苦々しく感じる日本から取り寄せたワインを口にしながらスカウトが出したレポートに目を通しながら冬の移籍市場での補強を考え始めたDavid。その中である一人の若い選手のレポートに目が留まった。この選手が獲得出来ればまだまだ行けるのではないかと・・・。 

【2018−2019年シーズン 9月〜10月のPSVの試合結果】
2−0 エクセルシオール
2−1 ASモナコ
以上8月下旬

PSV 0−2 ユトレヒト
PSV 1−0 SCカンブール
PSV 0−0 ヴィレムU
PSV 0−0 ヘルモント・スポルト
PSV 1−1 トゥエンテ
PSV 2−0 テルスター
PSV 1−2 ヘーレンフェーン
PSV 0−1 フェイエノールト

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現在のクラブと異なる場合があります。
かわいいに出会える旅 オランダへ (旅のヒントBOOK) -
かわいいに出会える旅 オランダへ (旅のヒントBOOK) -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
→ポチッと1回押して頂けると嬉しいです。
posted by さすらいのDavid氏 at 23:48| 東京 ☀ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

【第6話】ホームゲームで大量失点の大失態 鼻をへし折られ苦境の秋へ・・・   

【前回までのあらすじ】
  エールディビージ2018−2019シーズンが開幕し、序盤を3戦を全勝と好スタートを切ったDavid氏率いるPSVアイントホーフェン。好調を維持しヨーロッパリーグ予選でホームにフランスの強豪ASモナコを迎え更に上昇気流に乗ろうとするが・・・。

◎第5話の内容はこちら
http://soccer-game2009.seesaa.net/article/432305401.html

 エールディビージ2018−2019シーズンが開幕し夏の移籍市場も閉じようとしている晩夏。

 地球がおかしくなったのではないかと思うような厳しい暑さが続いた今年の夏だったが、打ち上げ花火のようにあっと言う間に暑夏(しょか)は過ぎ去っていった8月の終わり。サッカーを見るのもプレーするのもこのくらいの陽気が最適だな、とDavidはやや温めのワインを口にしながら雑誌を読んでいた。異常ともいえるあの暑さはもう勘弁である。
 
 ブラジル代表監督を解任された昨年(2017年)の秋、暫くサッカーから離れ以前から興味のあった日本を訪れJリーグやサッカー以外の様々な文化に触れた。今飲んでいるワインはその時知り合ったある日本人からプレゼントされたKatsunumaと言う所で作られたワインである。イタリア産或いはフランス産を好んで飲んでいたDavidだったが、このKatsunuma産のワインが気に入り時々ネットで手に入れてくつろぎの供としている。ドイツに住んでいた時はビールもワインも飲んでいたが、オランダに来てからなぜかビールはあまり口にしなくなった。

 ヨーロッパリーグ予選で今度対戦するASモナコ。モナコ公国がホームであるがフランス国内トップリーグであるリーグアンに所属し、常に上位争いをする強豪クラブである。モナコ公国と言えば所得税が掛からない事もあり多くのセレブが住んでいる事で知られている。入手したデータを基にスカウティングすると、戦力的には五分五分と踏みホームでの第1戦を迎えた。

  奇をてらった戦術ではなく、リーグ戦同様ダイヤモンド型の4−4−2の布陣で挑んだ。序盤から試合を優位に進め、このクラブのスコアラーであるFW Cevasco(ペルー代表)を中心にシュートも積極的に打ったが決定力を欠いた。徐々に相手に中盤を支配されるとモナコのAmadou Soukouna(マリ代表)に立て続けに2得点奪われ劣勢に。
  エールディビージ連勝スタートとなりクラブ内に慢心した空気が少し漂っていたのが少々引っ掛かってはいたがそれが的中する形となってしまい、先制されて浮足立った選手達を立て直す事が出来なかった。後半は自分達がやりたかった中盤でのプレッシングを逆に相手にやられ追加点を奪われると左サイドハーフのArijan(アルバニア代表)が審判に暴言を吐き退場すると言う後味の悪い試合となりホームで0−3と、高くなっていた鼻をへし折られる結果となってしまった。
 
 アウエーに乗り込む第2戦での挽回が厳しい結果となり、これまでDavidの手腕に何の疑いも持っていなかったクラブ首脳やサポータの間に不安が広がっていった。ホームゲームで大差で敗れたのだから無理もない。エールディビージは大丈夫なのか。ライバルであるアヤックスを倒す事が出来るのか、と。そして鼻をへし折られた夏が終わり、苦境を秋を迎えるのである。

【2018−2019年シーズン これまでのPSVの試合結果】
PSV 4−1 フィテッセ
PSV 4−1 FCフローニンゲン
PSV 2−1 ヘラクレス
PSV 0−3 ASモナコ 
太字はPSVホームゲーム

※ この物語はフィクションであり登場する団体、人物の一部は架空のものです。また実在する選手も登場しますが、所属するクラブは現在のクラブと異なる場合があります。

日本のワイナリーに行こう2015 (イカロス・ムック) -
日本のワイナリーに行こう2015 (イカロス・ムック) -

日本ワイン ジャパンプレミアム 甲州 新酒 2015 750ml -
日本ワイン ジャパンプレミアム 甲州 新酒 2015 750ml -

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by さすらいのDavid氏 at 00:45| 東京 ☀ | TrackBack(0) | David氏監督奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。